元気に伸びる数学2・B問題集(マセマ)の詳細レビュー

目次と改訂情報

表紙 書名 発刊日
元気に伸びる数学2・B問題集(初版) 2015/11

 

◆目次

第1章 方程式・式と証明

公式&解法パターン
元気力アップ問題1~18
方程式・式と証明の公式の復習

 

第2章 図形と方程式

公式&解法パターン
元気力アップ問題19~38
図形と方程式の公式の復習

 

第3章 三角関数

公式&解法パターン
元気力アップ問題39~53
三角関数の公式の復習

 

第4章 指数関数と対数関数

公式&解法パターン
元気力アップ問題54~67
指数関数と対数関数の公式の復習

 

第5章 微分法と積分法

公式&解法パターン
元気力アップ問題68~93
微分法と積分法の公式の復習

 

第6章 平面ベクトル

公式&解法パターン
元気力アップ問題94~106
平面ベクトルの公式の復習

 

第7章 空間ベクトル

公式&解法パターン
元気力アップ問題107~120
空間ベクトルの公式の復習

 

第8章 数列

公式&解法パターン
元気力アップ問題121~134
数列の公式の復習

 

第9章 確率分布と統計的推測

公式&解法パターン
元気力アップ問題135~143
確率分布と統計的推測の公式の復習

 

◆改訂情報

「元気に伸びる数学Ⅱ・B問題集」は、まだ改訂されていません。

 

 

 

 

詳細レビュー

マセマの「元気に伸びる数学Ⅱ・B問題集」は、同社の「元気が出る数学Ⅱ」「元気が出る数学A」に準拠した問題集です。まえがきには、「『元気が出る数学Ⅱ』『元気が出る数学B』で培った実力を、着実に定着させ、さらに易しい受験問題を解くための応用力も身に付けることができるように配慮して作成しました。(中略) また、この問題集は、授業の補習や中間試験・期末試験,実力テストなどの対策だけでなく、易しい大学なら十分合格できるだけの実践力まで養うことができます。」と書かれています。

 

本書の構成は、まず最初に各単元の公式と解法パターンが4ページに渡って簡略に掲載され、そこで概要を確認したうえで、メインとなる問題に取り組むことになります。ただし、ここでの公式と解法パターンの解説は概略だけなので、参考書レベルの内容ではありません。元気力アップ問題と題された各問題は、全体的に基礎レベルから簡単な入試問題レベルの難易度に統一され、難問等は一切ありません。「元気が出る数学Ⅱ」「元気が出る数学B」の内容が理解できていれば、特に迷うことなく解ける問題が並んでいます。逆に言えば、本書に取り組んで理解できない問題が出てくるようであれば、「元気が出る数学Ⅱ」「元気が出る数学B」や「初めから始める数学Ⅱ」「初めから始める数学B」に遡って基礎力を固める必要があるということになります。

 

各問題の解説には、最初に「ヒント」が掲載され、ここには解法の手がかりが記載されていますので、解法のパターンを覚えるのに役立ちます。そして、「解答&解説」欄では、マセマシリーズらしい分かりやすい解説がなされています。さらに、この問題集シリーズでは「解答&解説」欄の右に「ココがポイント」欄が設置されています。ここには、問題を解く過程で必要となる公式や計算手順が詳しく掲載されているので、問題に躓いた時にピンポイントで参照できます。また、他のシリーズと同様、各問題には3回分のチェックをつける欄が設けられています。流石に数学Ⅱ・Bレベルとなると、問題に対して複数の解法が可能となってきますが、本書では紙面の都合上もあって、一種類の解法のみが紹介されています。

 

この「元気に伸びる数学Ⅱ・B問題集」をマスターできれば、数学Ⅱ・Bに関して、受験数学の基礎は十分身についたと考えて良いでしょう。さらに、この上位レベルとなる「合格!数学」シリーズまでマスターできれば、合格可能な大学の範囲がグッと広がりますので、是非トライしてみてください。


表紙 書名 発刊日
元気に伸びる数学2・B問題集(初版) 2015/11
元気が出る数学2(改訂2版) 2015/7
元気が出る数学B(改訂2版) 2015/11

 

 

  • はてなブックマークに追加