企画型参考書

大学入学共通テスト対策

従来の大学入試センター試験に代わるテストとして、平成32年度(令和2年度)から「大学入学共通テスト」が実施されることになりました。これに伴って、マークシート式問題では、より知識の深い理解と思考力・判断力・表現力を重視した問題へと変わり、記述式問題も導入されます。英語では4技能評価をする過程で民間の資格・検定試験も活用されます。従って、学習方法もこれらの方針に合わせて変える必要が出てきました。ここでは、新しい「大学入学共通テスト」に対応した学習方法が学べる参考書のご紹介をします。

 

◆大学入学共通テスト スマート対策 数学I・A (Smart Startシリーズ)(教学社)

これは、「赤本」で有名な教学社が発刊している大学入学共通テスト対策集です。プレテスト(2017・2018年に実施された共通テストの試行調査)の詳しい傾向分析をもとに、学習方法を提案してくれています。

表紙 書名 発刊日
大学入学共通テスト スマート対策 数学I・A 2019/05

 

◆はじめての共通テスト対策 数学(Z会)

これは、通信教育で知られるZ会が発刊している大学入学共通テスト対策集です。平成29年・30年に行われた2度の試行調査問題を詳しく解説した上で、傾向と対策を詳説しています。本番を想定したオリジナル問題も2回分掲載されています。

表紙 書名 発刊日
はじめての共通テスト対策 数学I・A 2019/07
はじめての共通テスト対策 数学II・B 2019/07

 

◆ハイスコア! 共通テスト攻略 数学(Z会)

こちらもZ会が発刊している参考書ですが、共通テスト対策として、基本事項から丁寧に解説されているので、「共通テストがどんなものか知りたい」、「1問ずつじっくりと共通テストに慣れていきたい」という方に適しています。分野別の章構成になっており、章ごとに「例題」と「類題」がペアになっているので、確実に理解を深めることができるように工夫されています。

表紙 書名 発刊日
ハイスコア! 共通テスト攻略 数学 I ・A 2019/07
ハイスコア! 共通テスト攻略 数学 II ・B 2019/07

 

◆大学入学共通テスト 数学I・A 記述問題の解き方が面白いほどわかる本(KADOKAWEA)

これは、河合塾講師・尾台秀人さんによる、KADOKAWAの「面白いほどわかる本」シリーズの1冊で、数学の記述問題において「上手な答案」より「減点されない答案」を作成するためのヒントが書かれた参考書です。記述答案を解くときの注意点や採点のポイントが学べます。

表紙 書名 発刊日
大学入学共通テスト 数学I・A 記述問題の解き方が面白いほどわかる本 2019/07

 

センター試験対策

令和元年が最後となるセンター試験ですが、ここではセンター試験対策用の参考書をご紹介しておきます。

 

◆「センター試験 点数が面白いほどとれる本」シリーズ(中経出版)

KADOKAWA/中経出版から出ている「センター試験 数学の点数が面白いほどとれる本」シリーズは、センター試験対策に焦点を絞った人気参考書です。著者は、東進衛星予備校の講師でもある志田晶氏です。センター試験の出題パターンをマニュアル化した参考書で、重要ポイントが見開き2ページごとにまとめられています。

 

センスのあるまとめ方がなされていますが、各ポイントを2ページにまとめようとしているので、詳しい解説ができていないところが惜しまれるところです。教科書の内容をある程度理解してから、この参考書に取り組むと、解法の整理にかなり役立つでしょう。一方、数学が苦手な方や初学者にとっては、説明不足の点で躓くかもしれません。

表紙 書名 発刊日
改訂第2版 センター試験 数学I・Aの点数が面白いほどとれる本 2017/08
改訂第2版 センター試験 数学II・Bの点数が面白いほどとれる本 2017/08

 

◆「快速解答!センター試験数学」シリーズ(マセマ出版)

「初めから始める数学」シリーズ等で人気の馬場敬之氏によるセンター試験対策用参考書です。、短時間でかなりの量の問題を解かなければならない”センター試験数学”で高得点を取るめのノウハウやコツが公開されています。演習問題を解きながら、問題の解法パターンやテクニックがマスターできるように工夫されており、センター試験に限定されることなく数学の解法ポイントが押さえられるようになっています。

 

表紙 書名 発刊日
快速!解答トライアル模試センター試験数学Ⅰ・A 2018/06
快速!解答トライアル模試センター試験数学Ⅱ・B 2018/06

 

◆トライアル模試センター試験数学(マセマ出版)

さらに、このシリーズには、実際のセンター試験数学と同形式の模試が8回分練習できる「トライアル模試センター試験数学」シリーズも用意されています。「快速解答!センター試験数学」で学んだ実力が確実に定着することを目指した実践問題集になっています。

 

表紙 書名 発刊日
2020年度トライアル模試センター試験数学Ⅰ・A 2019/06
2020年度トライアル模試センター試験数学Ⅱ・B 2019/06

 

ライブ感覚で学べる参考書

参考書には、網羅型のようにあらゆる分野をまんべんなく学べるものや、分野を絞って詳しい解説に特化したものなど、様々なタイプがありますが、ここでご紹介する参考書は、予備校での授業を受けるような感覚で学べるものです。ライブ感を重視した参考書と言えるでしょうか。

 

◆大学入試 坂田アキラの生授業! 数学I・A・II・B[スタンダード](中経出版)

この書籍は、受験用スマホアプリ「N予備校」の数学講師を務めている坂田アキラ氏によるライブ感覚満載の参考書です。坂田氏と言えば、計算過程を網羅した懇切丁寧な解説で有名な「坂田アキラの理系シリーズ」でよく知られていますが、この参考書はそれらとは若干コンセプトが異なります。

 

N予備校」で学んでいるライブ感覚がそのまま味わえる紙面構成になっており、内容はセンター試験から中堅私大レベルの重要問題をピックアップして取り上げています。紙面の都合上、数学I・A・II・Bすべての内容を網羅しているわけではなく、重要問題に絞りそのエキスの部分を解説しています。ある程度、基礎が固まった段階の受験生がさらにもう一段のレベルアップを図る際に適しています。

表紙 書名 発刊日
大学入試 坂田アキラの生授業! 数学I・A・II・B[スタンダード] 2017/12

 

生涯学習としての数学参考書

数学を学ぶのは、何も受験目的だけではありません。数学を専門とした職業に就いていなくとも、教養や趣味として楽しみながら数学を学ぶ方もおられます。ここでは、そうした方に向けた参考書をご紹介しましょう。

 

◆生き抜くための高校数学 高校数学の全範囲の基礎が完璧にわかる本

日本図書センターから出ている「生き抜くための高校数学 高校数学の全範囲の基礎が完璧にわかる本」は、いわゆる受験参考書ではなく、どちらかと言えば、大学生や社会人になってから教養としての高校数学を学び直したいという方に適した注目の参考書です。

 

教育課程に従った高校数学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、A 、B 、Cといった区別は一切無視し、高校数学全体を俯瞰した上で、数学という学問が楽しめるように歴史的な背景を紹介しつつ、時事的な問題を絡ませながら高校数学の基礎が学べるように工夫されています。

 

表紙 書名 発刊日
生き抜くための高校数学 2016/09