タイプ別勉強法

性格によるタイプ別勉強法

自分にとってベストな勉強法は何だろうかと考える時、決して見落としてはならないのが、自分の性格や個性の問題です。ある人にとって最高だと思われた勉強法であっても、他の人にとっては全く役に立たなかった…ということはよくあることです。これらの原因としては、各人の性格の違いが考えられます。ここでは、性格を次の3つに分類し、タイプ別に最も適した勉強法をご提案しておきましょう。

 

◆自力探求型

まず最初は、分からない問題があっても、自分で調べて解決したいと思う学者タイプの方です。このタイプの方は、詳細な解説が魅力の網羅型参考書を一式揃えておくことが大切です。もし、これらの網羅型参考書でも理解できない箇所があれば、分野別参考書で補えば完璧でしょう。更に、このタイプの方は、自分で計画を立てて自主的に勉強ができるという強みがあるので、通信添削を利用した学習法もかなり効果が期待できます。

 

 

 

 

◆他力依存型

次に、分からない問題があると、自分で調べるより他人に聞きたくなるタイプの方は、話し言葉で分かりやすい解説が魅力の講義型参考書が適しています。また、特定の苦手単元を克服したい場合は、分野別参考書を利用しましょう。このタイプの方は、他人の協力を仰ぎながら勉強できる強みがあるので、友人との勉強会や家庭教師、学習塾、予備校を利用した勉強法も適しています。

 

◆マイペース迷走型

自分なりの勉強法が確立できていないので、分からない問題があってもどうすれば良いのか分からず、さらに理解力も悪いと自覚している方は、決して見栄を張って難しい参考書に手を出してはいけません。まず、初級レベルの講義型参考書を最大限利用して、自信をつけるところから始めて下さい。その後、必要に応じて段階的にレベルを上げることを考えましょう。このタイプの方は、勉強を習慣化させ、自分流の勉強法を確立させる必要があるので、様々なアドバイスがもらえる家庭教師を利用した勉強法が最も適しているでしょう。

 

 

  • はてなブックマークに追加