演習型参考書

「大学への数学 1対1対応の演習」シリーズ(東京出版)

東京出版から出ている「大学への数学 1対1対応の演習」シリーズは、数研出版の青チャートと共に、難関大学を目指す受験生にとって人気の高いシリーズとなっています。基礎的な問題は少なく、入試標準レベルの問題が中心となっているので、入試を見据えた演習型の網羅型参考書だとも言えるでしょう。分野別参考書のページで取り上げた「坂田アキラの理系シリーズ」と対極にある、無駄を省いたシンプルでぎっしり詰まったな紙面構成が特徴です。

 

本シリーズのまえがきに、問題のレベルについても書かれています。まず、水準以上の大学で出題される10題を易しいものから順に1、2、3、…、10として、以下のようにランク分けします。

1~5の問題……A(基本)
6~7の問題……B(標準)
8~9の問題……C(発展)
10の問題………D(難問)

 

このランク分けに基づくと、「大学への数学 1対1対応の演習」シリーズの問題は、3~8程度(A~C)に分類されます。特に中心となる問題は、4~7程度(A~B)になります。東京出版の他の書籍と比較すると、最も簡単なのが「入試数学基礎演習」で、その次にくるのが本シリーズ「1対1対応の演習」、続いて、「新数学スタンダード演習」、「新数学演習」の順にレベルが上がってきます。

 

一方、「入試の標準問題を確実に解ける力」が目標の『1対1対応の演習』シリーズに対して、その前段階レベルとして、「教科書レベルから入試基本レベルへの橋渡し」を目的とした姉妹版「プレ1対1シリーズ」も出版されています。

 

◆大学への数学 1対1対応の演習

表紙 書名 発刊日
レビュー
2012/03

詳細レビュー
2012/03

詳細レビュー
2013/03

詳細レビュー
2013/03

詳細レビュー
2014/04
2014/03

 

◆大学への数学 プレ1対1対応の演習

表紙 書名 発刊日
レビュー
プレ1対1対応の演習/数学1 2016/03
プレ1対1対応の演習/数学2 2017/04
プレ1対1対応の演習/数学A 2016/03

 

 

  • はてなブックマークに追加